高速バスで夜出発のスノボツアーに行きました。

バラエティ豊富は国内ツアー!

高速バスでのツアーは、数年前までよく行っていました。
大阪で働いていて、仲のいいメンバーが誰も車を持っていなかったころは、旅行の手段がバスなことはよくあったのです。
多かったのは、夜出発のスノボツアー。
夜に出て朝にゲレンデに着き、一日滑って夜に帰ってくる、というツアーは安くて誰も運転しなくていいのでとても便利。
よく利用していました。
車で行くよりも安い予算で行けることがよくあり、毎週スノボに行っていた時期はこれらのツアーは本当に重宝でした。
また、日帰りのツアーもよくチェックし、お得なものがあればみんなで行っていました。
バスに乗ってしまえばツアー行程に合わせて色んな場所に行けるので、みんなで話し合ったり、決めたり、意見が割れるようなロスがないのが気楽でよかったです。
プロのつくったツアーなので大体は満喫できて、お得感もあったのが嬉しいところでした。
最近は娘が小さいこともあってほとんど行っていませんが、また余裕ができたら主人と行ってみたいと思っています。

妻と淡路島へのバスツアーに

もう10年以上も前の話になりますが、現在の妻と淡路島へのバスツアーに参加しました。
私は日帰りのバスツアーで良いので年に数回いろんな場所に行きたいのに対し、妻は高級旅館や高級ホテルに泊まる二泊以上の旅行を好みます。
確かに高級旅館で美味しい料理をいただきながら部屋でゆったりと寛ぐのは良い気分転換になりますが、予算の関係もありますのでそう度々行けるものではありません。
日帰りバスツアーなら一万円以下がほとんどですし、行き帰りが楽です。
嫌がる妻を説得し、淡路島の水仙郷に咲き誇る綺麗な景色を見に行こうと無理矢理連れて行ったのです。
ところが当日は大雨、しかも季節外れの台風にまで襲われ景色を楽しむどころか、ほとんどバスから降りて観光などできる状態ではありませんでした。
かろうじて昼食だけは旅館の中で食べることになっていましたので、ゆっくりと頂くことができました。
淡路島で獲れる鯛を造りや釜飯にしていただく贅沢な昼食でこちらはまずまず満足できました。
もしも昼食までアウトドアのツアーなら目も当てられません。
満足したとはいえ美味しいものを食べるだけなら何も三時間もかけて遠くまで来る必要はないわけです。
天候ばかりはどうしようもありませんが、温泉ツアーやカニ食べ放題ツアーなど屋内のイベントが中心のツアーのほうが失敗はないと思います。

Copyright (C)2014バラエティ豊富は国内ツアー!.All rights reserved.